SAMPLE SITE

更新情報・お知らせ

2022/11/1
11月会長ブログ 更新しました。NEW
2022/11/1
11月会長ブログ 更新しました。NEW
2022/10/1
10月会長ブログ 更新しました。
2022/9/1
9月会長ブログ2更新しました。
9月会長ブログ/架け橋 更新しました。
2022/8/1
8月会長ブログ/架け橋 更新しました。
2022/7/4
組織概要に2022年度活動計画を掲載しました。加入家族会一覧更新しました。
2022/7/1
7月会長ブログ/架け橋 更新しました。
2022/6/24
お知らせ更新しました。
2022/6/1
6月会長ブログ/架け橋 更新しました。
2022/3/3
神戸市障害者スポーツ大会の案内を掲載しました。
2022/2/4
ひょうごかぞくねっと中央研修会の案内を掲載しました。
2021/5/28
組織概要ページに「3年後のこうべかぞくねっと」を掲載しました。
2020/12/11
ホームページをリニューアルしました。

ひょうごかぞくねっと中央研修会

・2022年度 ひょうごかぞくねっと 中央研修会
1 日時 2022年11月9日(水) 10時20分~11時50分
2 場所 神戸市立総合福祉センター4階 第5会議室
3 演題 「親なきあとのお金と成年後見」
4 講師  芳賀久和氏
詳しくは、ひょうごかぞくねっとホームページをご覧ください。

  

お知らせ

・こうべ障害者音楽フエア2022
1 日時 2022年12月24日(土)  開演14時 (開場13時30分)
2 会場 神戸新聞松方ホール
3 出演者 * Miki Hirose Jazz Orchestra feat.CHAKA
      * デフブラモンキーwithゴーゴー木村
      * りょう
詳しくは 神戸市社会福祉協議会障害者スポーツ振興センターホームページを
ご覧ください。


会長ブログ2022年11月

2022年11月―2      自助 共助 公助  
高齢化で入所施設の待機者は、知的障害者だけの課題でなく大勢の後期高齢者を迎える団塊の世代にとって目の前に来ています。
我が家では、重度の知的障害を持つ息子と一緒に生活し通所の施設に通っています。送迎がお願い出来るようになり帰りは利用しています(大変感謝です)。
県外で一人暮らしをする母親は93歳になり体力・気力がずいぶん落ちましたが要支援1です。認定の場に初めて立ち合いました。
まず、気づいた点は耳が遠く質問が聞こえていないのにすぐ首を振る為、自立にチエックが入るようでした。
質問の内容を理解しての返答ではありませんでしたが、初めて会う認定員は事務的に質問を進めると感じました。
今回はかなり現状を伝えましたので、認定度が変わるはずですが、財政上 かなり厳しいとの話を何度も聞かされたので、認定度は介護度でなく財政度で決まるようです(理解できる点もあります。)
介護施設に入る認定を貰うのに大変です。要介護認定を頂いても希望する施設は入居待ちです。高齢者施設や知的障害者施設は待機者が多いと実感しました。
これまでのように、福祉が良くなるとは考えづらい面があります(期待はしていますが。)93歳の母親の今後の介護問題に苦戦しています。
親の対応は直接出来ますが、私がいなくなった親なき後の息子は心配です。
経験して解かった事は、過度な心配より積極的に家族会・施設・かかりつけ医・ケアマネ等々とは日頃からコミュニケーションをとる努力が大切だと思いました。 自助努力をしていれば最後は公助君が助けてくれると確信しています。          
 神戸市知的障害者施設家族会連合会 会長 野口雄二 ___________________________________

自助 共助 公助

「権利条約」国連勧告の記事を読んで、勧告は障害者が施設での生活を余儀なくされる現状を批判し、地域社会で暮らす地域移行を進める事を求めた。
批准国として地域で自立した生活をするための環境整備を進める必要がある。
施設からの受け皿となるグループホームの整備を進めている。軽度者の移行は進んだが、重度障害者は進んでいない。
加藤労相は「障害者の希望に応じた地域移行の実現に向け取り組んでいきたい」と話されている。
支援人材の確保は大きな課題の一つですが、思う以上に地域は障害者施設に総論賛成各論反対があり大きな課題となっている話を聞きます。
日本の障害者入所施設は、外国と違い国でなく親が希望して出来た歴史があり障害者入所施設の否定より充実を望まれる方も多いと思います。
地域移行=グループホーム一辺倒でなく重度障害者のサポ―トは大変なので軽度から順番に取り組む年度毎の行動計画なら不安も軽減するかと思いますが、それも聞こえてこない気がしています。
実際に仕事をされる方のご苦労も察しますが、勧告を受けたからでなく理想と現実を踏まえ障害者の希望に応じた日本独自の計画の見える化を行い真に障害者(多様性)の味方になった権利条約の推進を期待しています。
          

神戸市知的障害者施設家族会連合会 会長 野口 雄二

過去の会長ブログはこちらをご覧下さい。
                   

お問い合わせ先

神戸市知的障害者施設家族会連合会 (こうべかぞくねっと)  
〒650-0016 
神戸市中央区橘通3丁目4-1    
神戸市立総合福祉センター2F   
神戸市知的障害者施設家族会連合会内  
電話078(371)3930 FAX078(371)3931  
事務局(月~金9:00~17:00)